Menu

一つ葉

Home
商品紹介

一つ葉

どこか懐かしい味

一つ葉

俳聖松尾芭蕉が岐阜、妙照寺に滞在した折り、
庭前に群生するヒトツバの句を詠みました。

銘菓『一つ葉』は翁の風流にちなみ謹製いたしました。
風雅に富む珍菓としてご好評を博しております。

第26回全国菓子大博覧会・広島博覧会にて 金賞受賞

商品の魅力・特徴

商品の魅力・特徴

皮に北海道小豆で作った餡をのせたものに牛皮でまき、まわりに
いら粉をまぶした最中お菓子です。

いら粉とは・・・
新引粉、真引粉とも呼ばれ道明寺と粉砕して砂釜で煎ったもの。
主に打ち菓子やまぶし粉、高級おこしなどに使われます。

見出しが入ります

第一工程

第一工程

1.わく板に最中種を1枚ずつ並べていきます。

第二工程

第二工程

2.餡を1個ずつ切りながら載せて、竹箸で丁寧に餅で包んでいきます。

第三工程

第三工程

3.餅が乾燥する前にイラ粉をまぶします。

第四工程

第四工程

4.一つ葉の焼印を押していきます。

第五工程

第五工程

5.すり密は、刷毛でぬっていきます。

第六工程

第六工程

6.すり密が乾燥すると出来上がりとなります。あとは和紙で包みます。

ページの先頭へ戻る